Fine one/special quality

ゆたかな眠りは幸せのはじまり
お問合せ
会社概要

総桐ベッド

桐箪笥専門で養った知識と技術が最高の布団ベッドに。
日本の風土は高温多湿で四季があります。 なぜ日本人が布団で寝ていたのか? それは容易に干せるからではないでしょうか? 夏場や梅雨時期は汗や湿度によってお布団にカビが発生します。それを防ぐ目的で布団が一般的に浸透したと考えられます。 それを踏まえるとやはり日本では布団がやはり適した寝具だと思います。近年ではマットレスがシェアを広げ、 今では布団と同じほどに迫っていますが、実際マットレスでは湿気がたまり内部でカビが発生していることが多く見受けらるようです。
お持ちのベッドや探しいてるベッドは湿気が抜ける構造になっていますか?
考えてみてください。
湿気というものは性質上、下の方へ落ち込んで行きます。体からは一晩にコップ二杯分の汗が出ている。マットレスを通過しようと するもベッドの構造の問題や幅広のすのこやマットレス用の棚板が邪魔をしてなおさら湿気は停滞しマットレスに溜まり込んでしまいます。 そうなれば当然カビますよね?
お持ちのベッドや探しいてるベッドは湿気が抜ける構造になっていますか? そのベッドの下には空気が流れますか?

組子ベッドは「組子」を床材としたベッドで布団との接地面積が極端に少なく、桐材湿気の吸排出効果でさらに布団がカビにくくなっています。 また"桐が持つ保温力"+"構造"で布団の低温下を防ぐので見た目からのイメージとは逆、布団の湿気か抜けることにより布団本来の機能を十分に引き出すことができます。

そして、桐独自の特性"体温同化効果"とも言うのでしょうか、あなたの体温と瞬時に同化するので体がベッドに触れても冷たく感じにくい特徴も有ります。
夏は湿気が抜けてサラサラ!冬は組子とスノコの間の空気層で暖かい!
組子ベッドは「組子」を床材としたベッドで布団との接地面積が極端に少なく、桐材湿気の吸排出効果でさらに布団がカビにくくなっています。
また"桐が持つ保温力"+"構造"で布団の低温下を防ぐので見た目からのイメージとは逆、布団の湿気か抜けることにより布団本来の機能を十分に引き出すことができます。そして、桐独自の特性"体温同化効果"とも言うのでしょうか、あなたの体温と瞬時に同化するので体がベッドに触れても冷たく感じにくい特徴も有ります。
お客様の声